歯並びが悪い・・・歯並びは子供の頃からの生活習慣病?

美容歯科は美容整形外科と連携してます

歯並びが良いと笑顔を作ったときに、口元が非常に綺麗に見えます。しかし、生まれつき歯並びが悪い人も沢山いますが、生まれつき歯並びが悪い人は、美容歯科で診察することで改善します。美容歯科では歯並びだけではなくて、歯を綺麗にするといった治療もしているので口の中全体に関する美容に力を入れている歯科です。美容歯科は美容整形外科と連携している歯科が多いので、美容整形外科の受診が必要な場合には紹介もしてもらえるでしょう。

歯並びが悪いことには原因があります

生まれつき歯並びが悪い人もいますが、成長するに従って歯並びが悪くなる人もいます。実は、歯というのは舌とお口周りの筋肉の中央にあるので、舌と筋肉に押されています。クセや必要以上の力によって、歯に負担がかかり続けることで歯並びが悪くなります。歯に負担がかかると顎の骨が変形することが歯並びが悪くなる原因でもあります。また、ストローで飲み物を吸引する力や呼吸方法でも歯並びが悪くなってしまいます。つまり、歯並びが悪くなるのは小さい頃からの生活習慣病と言っても良いでしょう。

おしゃぶりも歯並びを悪くする原因です

小さい子供はおしゃぶりをしますが、3歳くらいまでの子供がおしゃぶりをすることは正常です。4歳を過ぎてもおしゃぶりをしているときには、注意をしてやめさせた方が良いでしょう。おしゃぶりをしていると成長したときに、出っ歯や歯の噛み合わせが悪くなってしまいます。おしゃぶりをすることによって、指で前歯が押されるので、出っ歯や歯並びが悪くなります。また、唇を噛むクセがあると出っ歯になったり、歯がデコボコになってしまいます。

出っ歯の矯正をすることで、顔つきだけでなく外見の雰囲気まで変わります。また歯並びは生涯にわたり全身の骨格に影響を与えます。