銀歯になるのは今や昔!最近の歯医者事情とは

今までの主流は銀歯でした

歯医者で虫歯の治療をして貰うと、銀色の詰め物をされたという人は少なくないでしょう。人によっては歯のあちらこちらで、小さな銀色のものが光ってしまっているということも珍しくありません。古くから使われている技術ではあり何よりも安いというメリットと共に、比較的耐久力に優れていますので、とりあえず虫歯が発見されたらその箇所を削って銀歯を詰める、という治療方法が一般的でした。ところがこの銀歯については、歯と銀の間に隙間ができやすいといった隠れた問題があり、せっかく虫歯を削ったのに再び虫歯が発生してしまうことがあります。このため、折角治療したのに数年経った頃に激痛を覚え、銀歯を外してみたらその下で虫歯が拡大していたというケースが度々起きてしまいます。

銀歯に代わるセラミックの詰め物

技術の進歩と共に普及し始めたのがセラミックやプラスチックの詰め物です。特にセラミックの詰め物は、銀歯と比べると格段に費用がかかりますが、隙間ができにくいといった銀歯のデメリットを解消してくれる上、色が元々の歯の色と変わらないため、見た目に影響しません。また、金属アレルギーを持つ方でも安心して使うことができます。ただし、セラミック(陶器)ですので銀歯(合金)よりも耐久力には劣ってしまうため、歯ぎしりのクセがある人や、固い物を食べた際に欠けてしまう可能性は高くなっています。

銀歯とセラミック、どちらを選ぶ?

見た目で目立たない歯の治療を行いたいのであればセラミックがおすすめです。かけてしまうというリスクは上がりますが、セラミックがかけるような圧力をかけるのは、そもそも歯や顎にとって良いこととは言えません。また、銀歯も詰め物が取れることは珍しいことではありませんし、何よりも潜在している虫歯のリスクが非常に高いです。安価ではないので、全ての歯をセラミックにするのではなく、前場のように目立つ場所のみセラミック、奥側の見えづらい場所を銀歯にするといった組み合わせがおすすめでしょう。担当する歯科医師にもよく確認して選ぶことが大切です。

差し歯にする時オールセラミックなら全てがセラミックなので歯茎が黒くなったり、金属アレルギーを引き起こす心配がありません。