治療した跡が分からない?!最新の虫歯治療と歯科材料

歯の美しさを重視した虫歯の治療

一般的な虫歯の治療は、虫歯の部分を削取り金属や樹脂製の詰め物を入れる方法ですよね。そのため、虫歯治療では治療箇所が金属で補われると目立ってしまったり、白色の樹脂の場合でも汚れの付着で治療した箇所がアンバランスになる事もありますよね。しかし、虫歯治療にも新たな技術が開発され、希望条件にあわせ詰物の素材を自由に選ぶ事もできるようになっており、耐久性や予算などの条件も加味して歯の美しさを引立たる治療を受ける事も出来るんですよ。

天然歯と同等の美しさを持つ素材

虫歯の治療では白色の樹脂を使用した場合でも、食物の色素や汚れが原因で治療した箇所が目立ってしまうケースがありますよね。しかし、虫歯治療で選べる素材には、天然歯と同等の美しさを持ち汚れが付きにくい素材もあるんですよ。そのため、詰め物の素材の性質を理解して選ぶことが大切です。治療した箇所の審美性を上げる代表的な歯科材料がセラミックで、虫歯治療の詰め物として使用された場合には汚れが付きにくかったり、艶やかな素材の色調を活かした歯の治療となります。

虫歯治療の歯科素材の選び方

虫歯治療に用いられる素材は、値段や耐久性と共に、継続的な審美性という条件を重視して選ぶ事がポイントすよ。特に、審美性を重視した虫歯治療は自由診療となることから、素材の違いが治療費に大きく反映されるため、予算と素材の特性を十分に理解した上て最適なものを選ぶ事が重要ですよね。一般的にはセラミックを虫歯治療で用いる事で治療跡が目立たなくなりますが、治療費を抑えたい場合や耐久性を優先とする場合には、セラミックに樹脂を混ぜたものなども選ぶことが出来ます。

歯のセラミックの料金は自己負担の為、保険適用の治療と比較すると高価ですが、見た目の良さから営業職等の人と接する機会が多い人は、印象面でその料金を出してでも検討する価値は十分にあります。